「第2回京都国際音楽コンクール」及び「日中友好交流音楽祭」要項(Flow)

審査形式 (中国国内の参加者は中国国内各地域規定を参照) 
予選
「第2回京都国際音楽コンクール」(以下「コンクール」という)と「日中友好交流音楽祭」(以下「音楽祭」という)共通。
 申込期間は2019年4月1日~7月1日(当日消印有効)。
 「コンクール」はピアノのみ開催、予選では「コンクール」と「音楽祭」の共通審査となる。予選通過者は「コンクール」本選及び「音楽祭」に参加する資格を得る。通過者は以下3項目から選択して参加することが出来る。
① 「コンクール」本選のみ出場。   
② 「音楽祭」のみ出演。
③ 「コンクール」本選及び「音楽祭」の両方共参加(この場合、参加料は各々必要となります)。
 「音楽祭」はピアノ以外の西洋楽器、民族楽器、声楽(伴奏者は各自用意すること)またはアンサンブルも参加出来る(編成は10人まで)。尚、演奏は生演奏に限る。楽器はアコースティックに限る(電子楽器、マイクロフォン、カラオケ等は使用不可)。
  録音(録画)による審査。録音状態は問わない(詳しくはホームページ参照)。録音したCD、DVDまたはUSBを普通郵便で実行委員会 宛に郵送すること。(提出された録音物は返却しません。)
 予選結果は7月15日までに書面にて参加者に郵送する。
「コンクール」本選及び「音楽祭」の出演
 〇 「コンクール」本選
  予選と同じ曲目を演奏すること。如何なる理由においても、予選と異なる曲を演奏した場合は失格。全て暗譜、繰り返し無しで演奏すること。本選での結果により入賞者を決定。各部門終了後2時間以内にロビーにて入賞結果を発表し、同時に表彰式への出席確認を行います。ホームページの掲載はコンクール全体終了後になります。
 〇 「音楽祭」の出演
  予選と同じ曲目を演奏すること。繰り返し無しで演奏すること。
 「音楽祭」は審査員による審査を致しません。出場者全員に「日中友好交流音楽祭出演賞」を授与。また聴衆投票による「日中友好交流音楽祭聴衆賞」を授与。
 〇 「コンクール」表彰式と入賞者コンサート
  各部門につき金賞、銀賞、銅賞、審査員特別賞、奨励賞、日本作品優秀演奏賞、中国作品優秀演奏賞等の表彰状授与。原則として入賞者は表彰式に参加すること。また、上位入賞者は入賞者コンサートに出演すること。その際の演奏曲目も本選と同じものであること。
申込方法「コンクール」及び「音楽祭」共通
予選 申込期間は2019年4月1日~7月1日(当日消印有効)。
 ① 予選用に録音した再生可能のCD、DVD(Video形式)USB 等の録音物(録音と録画に関する注意事項以下※録音と録画に関する注意事項掲載)。必ず氏名を版面に記入すること。
 ② 参加申込書(下記ホームページよりダウンロード可能)http://kyotoimc.com
 ③ 生年月日を証明するもの(保険証等のコピー)
 ④ 返信用長形3号封筒1枚(92円切手を封筒に貼り、宛先の住所、氏名を記入のこと)
 上記 ①~④ を申込先に郵送すること。
  ※ H部門に関しては障がいの種類を具体的に明記して下さい。
 ⑤ 予選参加料を下記振込機関に振込むこと。
申込先
 〒611-0043 京都府宇治市伊勢田町北山44-14 
       「京都国際音楽コンクール実行委員会」
 振込機関 ゆうちょ銀行14470-50004001「キョウトアイエムシー」 振込み手数料は自己負担。
「コンクール 」本選及び「音楽祭」の出演
本選及び音楽祭の出演については、予選通過者のみ後日案内通知を行う。

〇「コンクール」本選の参加者全員に「本選出場証書」を本選当日に呈する。

〇「音楽祭」の出演者全員に「日中友好交流音楽祭出演賞」を出演当日に呈する。
演奏曲目
 〇「コンクール」
  自由曲。選曲には時間制限はなし。複数の作品(複数の作曲家)も可能(自作と未出版のものは除く)。予選と本選は同じ曲を演奏すること。(演奏順は自由とします。)
 〇「音楽祭」
  自由曲。コンサート形式(カット無し)で演奏するため、選曲には各部門制限時間を超えないこと。複数の作品(複数の作曲家)も可能(自作と未出版のものは除く)。予選と「音楽祭」は同じ曲を演奏すること。演奏順は自由とします。
演奏時間(演奏時間表を参照)
 〇「コンクール」
  「コンクール」本選の演奏中、各部の制限時間を超えた時点でカット指示あり。ただし審査結果には影響しない。

 〇「音楽祭」
  「音楽祭」はあらかじめ制限時間内で選曲しているため、カット無しで全曲を演奏する。
部門別参加料と演奏時間表(参加料は理由の如何を問わず返却しない。中国国内の参加者は中国国内各地域規定の参加料になります)
〇「コンクール」(バロック作品の部と連弾の部を新設致しました。他の部と同様に金賞等が授与されます。)

〇「音楽祭」 (選曲には各部の制限時間を超えないこと)
選曲例

部  門 曲  目 演奏時間
A 幼児の部 自由曲 (選曲例) 2分
B 小学1~2年生の部 自由曲 (選曲例) 3分
C 小学3~4年生の部 自由曲 (選曲例) 4分
D 小学5~6年生の部 自由曲 (選曲例) 5分
E 中学生の部 自由曲 7分
F 高校生の部 自由曲 8分
G 大学生・一般の部 自由曲 8分
H 障がい児・障がい者の部 自由曲 4分

※ 録音と録画に関する注意事項
1、CD録音に関する注意事項
  *録音はスマートフォン等による録音したものとする。  
  *一般のCDプレーヤーで再生可能な録音方式(音楽CD形式)であること。
  *録音は当コンクールの為に録音した未編集のものとする。
  *当コンクール本選に演奏する曲以外は録音しないこと。

2、DVD動画に関する注意事項
  *動画はホームビデオ又はスマートフォンによる録画したものとする。
  *一般のDVDプレーヤーで再生可能な録画方式(DVD-Video形式)であること、必ずファイナライズをすること。
  *動画は当コンクールの為に録画した未編集のものとする。
  *当コンクール本選に演奏する曲以外は録画しないこと。

3、You tubeに動画をアップロードする場合の注意事項
  *動画はホームビデオ又はスマートフォンによる録画したものとする。
  *You tubeにアップロードした動画は当コンクールの為に録画した未編集のものとする。
  *当コンクール本選に演奏する曲以外は録画しないこと。

4、USB メモリ録音に関する注意事項
  *録音はスマートフォン等による録音したものとする。  
  *PCで再生可能な録音方式であること。(iTunes / WAV)
  *録音は当コンクールの為に録音した未編集のものとする。
  *当コンクール本選に演奏する曲以外は録音しないこと。